日本ブリーフサイコセラピー学会 地方研修会

The Japanese Association of Brief Psychotherapy

定員に達しましたので、3月4日をもって参加申し込みを締切ました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

 今回の地方研修会は、新型コロナウィルスの感染状況により、遠方からの移動や集客しての開催が困難であるため、オンラインによる開催となりました。昨年同様、オンライン開催となることで参加費を比較的安価にしています。また、移動時間がなく参加しやすい方もいらっしゃると思います。以下の詳細と誓約事項をご覧の上、奮ってご参加ください。皆様のご参加をお待ちしております。

タイトル

オンラインだけどできるだけ体験的に学ぶシステムズアプローチ(家族療法)

内容

講師
坂本真佐哉先生(神戸松蔭女子学院大学)

今回はシステムズアプローチをテーマとすることをリクエストしていただきました。
システムズアプローチは、文字通り、人間関係をシステムという概念で捉え、働きかけを行うわけです。
そのプロセスは、大雑把に分けると観察のパートと介入のパートということになりますが、必ずしも明確に分かれている訳ではなく、実際のところは、瞬時の判断とアクションの繰り返しであるといえます。
セラピストの言動は、クライエントに影響を与えうる点ではすべてが介入であると言えるわけですから、当然ながらすべての振る舞いに自覚的であることは必須でしょう。
つまり、セラピスト自身がシステムの一部であることを理解しておく必要がありますが、これがなかなか難しいところなわけです。心理療法の多くは、クライエントの理解にエネルギーの多くを注ぐのでしょうが、システムズアプローチでは相互作用の理解にエネルギーを注ぎます。
そのようなことについてオンラインながらも体験的に、そして双方向的に学べるワークショップにできたらいいな、と思っています。お待ちしています。

※本研修では臨床心理士資格更新にかかる研修ポイント(2P)の対象となります。

日程

2022年4月30日(土)10:00~16:30(9:30より入室可。お昼休憩1時間程度)

会場

ZOOMによるオンライン開催

※オンライン上の会場URLは、ご登録のアドレスに3日前までにお知らせいたします。

定員・参加費

定員:40名程度
参加費:会員・非会員は4,000円、大学生・大学院生は2,000円

※大学生・大学院生でご参加の方は、確認のため申し込み後に事務局よりメールにて連絡し、学生証のコピー(写真など)を提出していただきます。

参加資格:日本ブリーフサイコセラピー学会の正会員の入会条件を満たす方。
本学会の正会員資格は、「医療・教育・心理・福祉・産業・司法などの領域における、守秘義務を有する対人援助職であり、ブリーフサイコセラピーを志向しており、かつ、大学卒業資格を有する個人。または、常任理事会が、上記と同等を認めた個人。」となっております。

※対人援助職を志す学生(大学院生)の方もご参加いただけます。
※大学学部生で参加をご希望の方は、ご参加いただけるかどうかを確認いたしますので、事務局(ws2022@jabp.jp)までその旨をお知らせください。

申込み方法・振込先

このページ下部にある参加申し込みフォームよりお申し込みください。
その上で下記の銀行口座へのお振り込み、もしくはクレジットカード決済をお願いします。

銀行名:ゆうちょ銀行
記号:11360
番号:10139681
名前:日本ブリーフサイコセラピー学会

他金融機関からの振り込みの場合は下記の内容をご指定ください。
店名:一三八(イチサンハチ)
店番:138
預金種目:普通預金
口座番号:1013968

主催

日本ブリーフサイコセラピー学会

オンライン開催にあたっての注意事項

本研修はZOOMを活用してのオンライン研修会となります。そのため、事前申し込みのみとし、参加費の振込期限は4月18日(月)までとなります。ご参加が確認できた方にのみ、研修の3日前までに当日のURLを含む案内をお知らせいたします。

また、参加申し込みフォームにある誓約事項をご覧いただき、チェックを入れてください。なお、当日参加者名簿にご記載のないお名前の方は、ご退出いただきます。また、参加費は当方の都合による中止以外原則返金いたしません。予めご承知ください。

参加証明書につきましては、地方研修会終了後1週間を目安にメール添付にて送付いたします。

問い合わせ先

第18回地方研修会 事務局 五十嵐治
E-mail:ws2022@jabp.jp

※お問い合わせはメールでお願いいたします。